化粧水

コットン派?手のひら派?

化粧水をつけるときあなたはどちらを使いますか?

化粧水にもいろいろあってコットンでなじませて…とか、ハンドプレスして…とか方法を指定するものもありますが、みなさんご自分の肌の様子や都合に合わせて使い分けされている人が多いのでは?コットンでしっかりパッティングしているという人もいますが、コットン自体が良質なものでないと毛ば立ったり、たくさん化粧水を使ってしまうイメージがありますね。

でもコットンを使うと顔全体にいきわたらせる効果は高いようです。

夜のすきんケアむろんですが、メイク前は水分をいきわたらせて肌の温度を低くしてあげるとリキッドやクリームファンデは、きれいに仕上がるようです。

またコットンパックという方法もあり、潤いをしっかり肌奥へ送り込むのには効果的です。

ただしコットンの場合けば立ちだけでなく繊維質が残りやすいので、コットンの刺激に敏感な人もいますね。

こすってしまったりすればなおさらですよね。

コットンを使う人は特に敏感肌の人はたっぷりと化粧水をしみこませて時間をかけて肌に押さえるような感じでなじませるように使うことで、肌もひんやりと浸透していくはずです。

時間もゆっくりかける必要がありそうですね。

またニキビで悩む人も手のひらよりはコットンです。

手は細菌繁殖も盛んですからね。

それでは手のひら派の人はどんな使い方が有効かといえば、手で直接肌に触ると潤い感が実感できるはずです。

たっぷりコットンに浸み込ませて使うよりは調節できるのも手でつけるほうかもしれませんね。

ただし手を使うと全体にいきわたらないこともあります。

また体温で温めてしまうために化粧水の蒸発を促してしまうこともあります。

そこは直接肌に触れている感覚にお任せして、肌が潤ってきたなあと実感してきたら、乳液やクリームでしっかり保護することができますね。

コットンの良さと手のひらのハンドプレスの効果を利用して、両方をうまく組み合わせる人もいらっしゃるみたいです。

物足りなさを感じたらヒアルロン酸配合の化粧水やジェルなどもありますね。

いずれにしても肌に優しく時間やコストと相談しながら、スキンケアの方法を工夫することが大切ですね。

化粧水おすすめメニュー